Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

美しさへの予感を高める肌の潤いと弾力

みずみずしい潤いとハリ肌の潤いに弾力、これを手に入れる為に世の中の女性は色々な努力をしています。それはなぜでしょうか。

肌が潤い、弾力があると見た目がピチピチしていますし、肌に触った時に弾力があると、見た目もかなり変わってきます。若々しく見えるんですよね~。実際に10代の女性の肌は潤い、弾力ともにしっかりとしています。

また、弾力がある=肌にハリがある、ともいえます。つまり、肌がたるんでいない・シワがないということです。憧れますね。肌にハリが出ると化粧が伸びやすく、化粧のりも良くなるのですよ。まあ、化粧をしないで済むのが一番なのですが。

よく、「笑いシワ」・「幸せシワ」などと言いますが、やはりシワはシワです。シワがあるとどうしても老けて見えてしまい、顔の印象を変えてしまいます。肌に弾力がない人は弾力を取り戻すだけでも、見た目年齢をかなり若返らせることができるのではないでしょうか?

シワを取り去る・・と言うのは無理な話でも、肌の弾力を取り戻すだけでたるみは減りますし、引き締まった感じがして印象が変わりますよ。

では、弾力の無くなった肌ってどうやって判断すれば良いのでしょうか?意外と簡単なんですよ。自分で見つけてしまうととてもつらいのですが・・。肌に弾力がなくなると、マスクのゴム紐の跡、枕のシワ、大笑いした後の笑いシワが顔に残ってしまうんです!

時間と共にこういった跡は消えてくれますが、そもそも跡が付くという事自体が辛いですよね。歳を取ったことで弾力がなくなってしまう肌、コラーゲンやヒアルロン酸が失われてしまったことが原因になっている可能性も高いです。自分の肌をしっかりケアできるように年代に合わせた基礎化粧品を使うようにして下さいね。

安いから・・、娘と一緒に使っているから・・と自分の年代に合わない化粧品を使うとしっかりとしたケアは出来にくいですよ。年代別基礎化粧品はその年齢の人に足りていないと考えられる成分が配合されています。足りていない物を補うのが肌ケアの基本でもあります。

また、肌の潤いと弾力を作るために大切なことは、保水と保湿です。洗顔後しっかりと水分を補って保湿を心がけて下さいね。他にも、顔の筋肉を鍛えることも効果的です。朝、化粧水を付けた後、パッティングをしたり、顔マッサージをして血行促進を心がけて下さいね。ちょっと続けるだけでも肌には効果が現れます。しっかり続けて、ハリを保って下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ