Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

嫌なことがあるとクヨクヨして眠れない

精神的不安やストレス「寝つきが悪い・・」など不眠症の症状を感じている人の中には、「何としてでも眠らなければ」「早く眠らないと」と自分にプレッシャーをかけてしまうことがあります。何も考えなければスムーズに眠りに入ることができたかもしれないのに、自分自身のプレッシャーで心理的不安を感じ、神経が緊張状態を維持してしまうため睡眠障害を引き起こしてしまうんですね。

そうなると、たまたま寝つきが悪いのか、自分で不眠症の原因を作ってしまっているのかわからなくなってしまいますよね。もともとの「寝つきの悪さ」、これに自分自身で作ってしまった心理的不安が加わり深刻な睡眠障害になってしまうこともあります。そうなると改善するのも難しくなってきます。

では、どうすればいいのでしょう?「今日からは眠れるようになる」と考え方を方向転換することができても、それが新たなストレスにもつながりかねません。それよりかはまず、ゆっくりと寝つきが良くなる環境づくりをしていくことが一番ではないでしょうか。おススメの環境改善法がいくつかありますので、ここでちょっとご紹介しますね。

(1)眠る数時間前から目や耳の刺激を避けるようにする

神経の緊張をほぐすことでリラックスできます。

(2)安眠効果があるハーブティーを飲む

こう言ったハーブには精神状態を安定させてくれる作用があります。また、睡眠に効果的なハーブを「飲んでいる」という事実が効果を高めてくれます。

(3)半身浴やマッサージを行う

体全体の筋肉がほぐれ、リラックスできるので落ち着いた精神状態で入眠できます。

不眠症と精神状態は非常に密接な関係にあります。「眠れなかったらどうしよう・・」と不安な気持ちでお布団に入るのではなく、「眠れなくても、体も心もリラックスしていて気分がいい!」と思うようにしてみて下さい。楽しい気分でお布団に入るだけでもかなり「睡眠の質」は変わってきますよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ