Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

起きるのがつらい寒い朝にできること

二度寝の誘惑に打ち勝つ方法朝起きてすぐに、身体に冷えを感じてしまう方が少なくないのではないでしょうか。すっきりと目覚めて気持ちの良い朝のはずが、身体や脳が目覚めず、どんよりとした気持ちになってしまいます。

朝の冷えというのは、そのまま体内にとどまり、どんどん身体の中の熱を奪い、風邪などの病気に繋がってしまうことが多々あります。寝起きの冷えを防ぐにはどうすれば良いのでしょう。

まずは、布団の中の暖かい空気を逃がさないように起きることが大切です。そのために、枕元にはソックスやルームシューズ、カーディガンなどの羽織ものなどの防寒グッズを用意しておきましょう。せっかく身体が暖まっているのに、素足でフローリングの上を歩いたり、パジャマ姿のままトイレに行ったりするのは厳禁です。

次に、トイレや洗面所を可能な限り暖かく保つようにしましょう。出来れば小型のヒーターなどを置くなどして寒さを防ぎます。 トイレや洗顔の後には、温かい飲み物を飲むようにします。

排尿や洗顔で奪われた体温をすぐに補うためです。もし目が覚めた時に、布団の中で身体に冷えを感じるような場合は、起きる前に手足を動かして血行を促してから起きるようにしてみてください。

ただし、身体の冷えで目が覚めてしまうことが多い場合、冷えが何らかの病気の症状の一つとして顕れている可能性があります。こうした場合は、内科もしくは婦人科の医師の診察を受けてみると良いでしょう。病気ではないとしても、冷えを改善するためのアドバイスを受けられるに違いありません。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ