Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ストレスがさらに体を疲れさす!防災グッズに入れて欲しい安眠グッズ

眠りが浅くなるメカニズム地震災害や自然災害は、何時どこで起こるかわりません。万が一、起こってしまったら、近隣の非難所を指定されるかも知れません。自宅避難ができない時もあるので、慣れない避難所で生活を強いられることになるでしょう。

避難所には、知らない人もいるので、緊張することが多いかも知れません。夏は暑く、冬は寒い環境ですから、体調不良を起こすこともあります。良く眠れなくなることが多いのですが、できるだけ安眠できるように便利なグッズを揃えておきましょう。

長時間飛行機に乗ったり、長旅をする時に使う安眠セットがおすすめです。昼間でも明るさを気にしないで眠れるアイマスクがあれば、昼間でも、少し眠れるかも知れません。

防災グッズに安眠用のアイマスクを準備しておくといいでしょう。 さらに、騒音に対しても対策が必要です。避難所は小さな子供もいるので、鳴き声が気になるかも知れません。大人でもいびきがひどい人がいるので、耳栓を準備しておけば、回りの騒音や鳴き声を気にしないで済むでしょう。

地震災害時の防災グッズは、自宅避難だけでなく、避難所暮らしにも対応できるように準備した方が安心です。リラックスできるグッズも用意してストレスを溜めないようにしましょう。 背もたれがない時に助かるのが、空気を入れるエアー枕です。

首から肩にかけて固定できるタイプもあるので、防災グッズに加えれば、役に立つでしょう。地震災害や自然災害が起ったら、安全な場所に避難することが大切ですから、できるだけストレスを溜めないように工夫しましょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ