Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

どうして眠れないの?不眠症が起きてしまう原因

仕事や家庭生活でのストレス睡眠は精神状態と密接に関係しています。そのため、人によって不眠症を引き起こす原因もさまざまです。もちろん精神的なことが原因で不眠症になる方だけではありません。肉体的なことが原因の方もたくさんおられます。

ただ、肉体的な原因は結構ハッキリとわかるので自分でも気づくことが多いのですが、精神的な問題が原因となっている場合には自分で気づくことが難しい時もあります。

「それなりにストレスや悩みはあるけれど、それが原因とは思えない・・」とついつい思ってしまうからなんですね。それに最近の傾向として、かなりのストレスが溜まっているのにも拘らず、自分自身でそれに気付かない人が増えてきています。

自分で自分のストレスに気づかないので、益々ストレスを溜めてしまい、それが「不眠」という形になって表れ始めてしまいます。そうならない為には、まずは「自覚できないストレスもある!」ということをしっかりと自分の中で受け止めなければなりません。

そうでないと、ストレスの蓄積が不眠を招き、健康障害まで引き起こしてしまいかねないからです。では、この「気づかないストレス」にどう対処すればいいのでしょう?根本的な原因解明、解決は必須ではありますが、それには時間もかかります。そこで、「これ以上ストレスをためない生活」を送るように心がけてみてはどうでしょうか?

部屋の模様替えをして気分転換をしたり、ライトやアロマを使ってリラックスできる雰囲気を演出、また、買い物や外出でストレスを発散させ、気持ちを前向きに切り替え足りすることでストレスの蓄積を減らせるのではないでしょうか?

そして、この積み重ねで不眠症の症状を緩和、改善させることができるかもしれません。また、自分のまわりの環境はどうでしょうか?良質な睡眠がとれる環境ですか?家の近くを電車が走っていたり、暑い・寒い・明るいといった問題が顕著な場合、不眠症の原因に住環境が含まれているかもしれません。

「実家なら眠れるのに、下宿なら寝つきが悪い・・」といった場合は住環境の改善が必要です。そして、不眠症に病気が関係している場合もあります。なんらかの身体的疾患により、不眠症を併発することもあります。具体例としては、不眠症を引き起こす病気としてよく知られている「うつ病」があります。

ただ、不眠症=うつ病ではありません。「もしかして・・」と不安を感じすぎるとさらにストレスをためてしまいます。あまりにもひどい場合にその可能性があるかも・・と思っておくといいかもしれませんね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ