Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

不眠症の方必見!睡眠薬の間違ったイメージはかえって危険です

寝つけないタイプの不眠不眠症治療の代表的なものの一つに睡眠薬の処方があります。ただ、睡眠薬は副作用や薬の効き目などのマイナス面が非常に強いイメージを与えるため、「何が何でも睡眠薬は飲みたくない」と考えている方もたくさんおられます。

中には睡眠薬を飲むことはいけないこと、生命を脅かすもの・・など間違ったイメージを抱いておられる方もおられます。でも、病院で医師から指示される睡眠薬はそんな危険なものでしょうか?

そんな危険なものを医師が処方するでしょうか?指示された用法、分量を守っていれば問題はないのです。 不眠症の症状改善のため、治療目的で睡眠薬が処方される場合、それは体にとって必要な薬だからです。

例えば風邪を引いた場合風邪薬を処方されます。「食後に○錠を一日○回」など用法と分量が決められており、それに従って早く風邪を治すために薬を服用しますよね。睡眠薬も同じことです。

不眠症を早く治すために医師の指示に従い、正しい使用方法で取り入れる必要があるのです。体は睡眠を欲しているのに、「睡眠薬はダメ」と思い込んでしまうと睡眠障害が進行し、体に深刻な影響を与えかねません。間違ったイメージの思い込みはとても危険ですよ。ただ、睡眠薬にもいくつか注意しなければならない点がいくつかありますのでご紹介します。

(1)人の睡眠薬をもらって飲んだり、自分の睡眠薬を人にあげてはならない
医師から処方された睡眠薬は、その処方された個人にのみ最適な種類・分量となっています。

(2)個人で勝手に量を増やさない
使用量を誤ると命に関わる危険性もあります。

(3)使用を中止するタイミングは医師に相談
突然やめてしまうと反発反応が出てしまうことがあります。不眠症が改善されてきたら、やめるタイミングについて医師に確認してください。医師に処方される用法、分量を守れば睡眠薬は不眠症改善の心強いサポートとなってくれますよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ