Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

頭が冴えてどうしても眠れない時にしたいある方法とは

眠りたいのに眠れない不眠症の大きな原因に精神的問題があります。日々の生活でたまったストレスや精神的不安が緊張状態を生んでしまい、脳への刺激となって眠れなくなってしまいます。

でも、次の日にも予定は入っています。どうしても眠らなければいけないのに、眠れないと本当にあせってしまいますよね。それに、眠らなければならないのに眠れないと非常に強いストレスを感じてしまいます。これがさらに睡眠障害を悪化させてしまうんですね。

お布団に入ってから何時間経っても眠れない・・。そんな場合は、まず一度お布団から出てみましょう。「でも、次の日に朝早くから予定が・・」、そんな時に眠ることを諦めてお布団から出るというのは非常に勇気がいります。

でも、一度考えてみて下さい。どうしても眠ることができず、お布団の中で眠れない自分にイライラしながら、焦りを感じて過ごすのは精神的ストレスをさらにためてしまうと思いませんか?そうなると今度は血圧が高くなり、さらに目が覚めてしまいますよ。 だから、一度起きて気分をリセットするのです。

ただ、起きてテレビを見るのはおススメできません。テレビなどは非常に強い刺激となってしまい、脳を刺激してしまいます。それよりはリラックスできる雰囲気を作るようにして下さい。部屋はあまり明るくせず、ハーブティーなどの温かい飲み物を飲み、ゆったりとした音楽で眠れず焦っている気持ちをほぐします。

気持ちが落ち着いたら、お布団に入ってそのリラックス感を味わいます。リラックス状態が続くことで入眠がスムーズになりますよ。また、不眠症になってしまうと、眠れないことに対して強い焦りを感じてしまいますが、実際は布団に入って横になって目を閉じているだけでもある程度の疲れは取れるものなんです。

眠れなくても、お布団の感触をゆっくりと感じるだけでもいいのです。眠れない・・と焦るのではなく、「まだ、体が寝る状態に近づいていないだけ・・」とどっしりかまえて、まずはリラックスすることを心がけて下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ