Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

驚き!ツボでたるみが消える!?

顔のツボを刺激して美顔に体中いたるところにある「ツボ」、即効性はなくても続けて押していくうちに症状が改善されます。そんな「ツボ」、実はほほのたるみにも効くそうなんです。「本当か?」と思われるかもしれません。

でも、劇的な効果はなくても、「何もしないよりかはマシ・・」です。ぜひ生活に取りいれてみて下さい。 本当は図解したいぐらいなのですが・・、ツボの位置はとても複雑です。出来るだけわかりやすくご紹介しますので、優しく始めてみて下さいね。

(1)睛明(せいめい)
何だか見たことない漢字ですが、これは両目頭の横にあるツボで、お肌の弾力を高めます。場所的にたるみよりも疲れ目に効果がありそうですね。まあ、実際に疲れ目にもよく効きますから、目の疲労が溜まっている時にも押してみて下さい。

(2)四白(しはく)
特に目の下がたるんだ時に効果があります。下まぶたの中央から指一本分下の部分です。強く押し過ぎると痛みがありますので、優しく押すようにして下さいね。目の下からほほにかけてのたるみ、垂れた皮膚等に効果があります。

(3)攅竹(さんちく)
顔全体のたるみに効果があります。場所は眉毛の内側にあり、顔が全体的にたるんでいる場合に効果があります。また、女性にとっては嬉しいことにシワにもよく効きます。シワやたるみは老けた印象を最も与えてしまいます。お肌に活力を与える為にもおススメのツボです。

さて、先ほども注意しましたが、ツボを押す時は絶対に強く押さないようにして下さい。特に今回のツボは目の周りの非常に神経の多く集まっている部分です。予期していない結果をもたらさないためにも、優しく押すようにして下さい。また、無理に押すとお肌も痛めてしまいます。 「気持ちいい・・・」と感じる程度に、指の腹を使ってゆっくり丁寧に押して下さいね。

また、押す回数はだいたい4~5回にして、毎日根気よく押し続けるようにして下さい。継続は力なり!です。すぐに効果は出ないけど、続けるだけで老化防止になっている!と思って頑張って下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ