Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

いい女は自己アピールで差をつける

嫌われることを恐れない婚活を通して異性と知り合う場合、どうしても必要になってくるのが自己アピールです。でも、これってとても難しいんですよね。

就職活動の面接でも必ず自己アピールをしますが、「自分の事を話す」機会が少ないと言われる日本人にはけっこう大変な事なんです。

「私、方向音痴ですぐに道に迷っちゃうんです」・「こう見えてけっこう天然って人に言われるんですよ・・」といった軽い自己卑下を交えた自己アピールは取りようによっては「ウザい」と思われてしまいます。

かといって、「私ってYES・NOをハッキリ言ってしまう性格なんです」と言ったり、「人に迷惑をかけるのが嫌いなんです」と単刀直入に自分の性格を言っても「怖いな・・」と取られてしまう事もあります。

最初は柔らかく自分の性格を言い表すことが大切なんですね。例えば、「私、天然ってよく言われるんです」と言うよりも、「時々、思った事をそのまま口に出してしまって、笑われる事があるんです。

何かヘンな事を言ってしまったら、教えて下さいね・・」の方が好感を持ち易いと思います。自分の事をウソを交えて言うのではなく、言葉のバリエーションを利用して「言い代える」と良いのではないでしょうか。また、自己アピールをしないと・・と自慢話になっては最悪ですよ。能ある鷹は爪を隠します。これ見よがしなアピールは相手を疲れさせる上、誰も喜んでくれません。

私がお見合いした相手は医師だったので、「医者になるなんてスゴイですね」と話しをむけると「別に凄くないですが・・」と言いながら医者自慢が始まり、話を聞いていて退屈したのを覚えています。(まあ、下手な話の向け方をした私も悪いのですが)

こうやって見ると何を話せばいいのか分からなくなってきますが、自分の趣味、好きな事、やりたい事などを自分の言葉で伝えれば良いと思います。注目を集めよう!と話しを面白おかしくアレンジすると、スベッた時に痛い思いをしてしまいます。また、質問されればチャンスです。丁寧に答えるようにして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ