Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「若く見える近道」、それはまずタバコをやめること!

タバコの喫煙がなぜ美容に悪いのか非喫煙者よりも喫煙者の方が、老けて見られやすいという説があります。高価なスキンケアアイテムを使ったり、表情筋のトレーニングなどをして若く見せるための努力をしている人は多いでしょう。

ですが、もしもタバコを吸っているようなら、それをやめた方が若く見せる効果は高いかもしれません。タバコには美容によくないとされる様々な成分が、多く含まれています。そのため、喫煙を続けることで肌が老化し、老けて見える要因となってしまうのです。

健やかで美しい肌をキープするためには、いろいろな栄養素が必要とされています。特に美容に効果があるとされているのが、ビタミンCです。

ビタミンCは身体に蓄積することができないので、毎日取り入れなければいけません。 タバコには、身体に入ったビタミンCを破壊してしまう作用があります。喫煙の機会が多ければ多いほどビタミンCは壊れてしまうので、肌には悪影響が及ぼされます。

弾力性のある肌をキープするにはコラーゲンが不可欠ですが、コラーゲンの生成にはビタミンCが深く関わっています。喫煙によって体内のコラーゲンの生成は阻害され、その数は少なくなります。その結果、肌の弾力が失われ、たるみやシワといった肌トラブルがあらわれやすくなるのです。

シワがあまりない人の方が、見た目年齢が若いというのはよく聞く話です。タバコを吸っていて、実年齢よりも若く見せることができないと悩んでいる人は、喫煙を控えた方がいいでしょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ