Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

吐くのが癖になり、やめにくくなる過食症

食べた後に罪悪感に苛まれる「過食症の人」と聞くと何となく「ふっくらしていて、食べるのが好きな人」というイメージがありませんか?もちろん、人によって過食症の人に対して抱いているイメージは異なるとは思いますが・・。でも、言葉から受けるイメージからも「よく食べる=太っている」としての印象が先行しがちです。

でも、実際はそうでもありません。過食症なのに標準体重を維持していたり、むしろ標準体重以下なのに過食症になってしまっている方も多いのです。というのも、それは過食症につきものの「代償行為」を行うからなんですね。

この代償行為、摂取した分を体から排出する事です。 過食症は精神疾患の一種で、正式病名は神経性大食症と言われ、中枢性摂食異常症として特定疾患の指定も受けています。

精神的な問題が過食症の原因の一つに挙げられますが、「太りたくない」・「食べたい、でも食べたら太る」・「食べた事を取り消さないといけない・・」などの強迫観念が非常に強く影響を与えてしまいます。

そのため、過剰摂取後、強制的嘔吐や下剤の服用などの代償行為を行い、自分の精神的安定を保っているのです。こうやって代償行為を過剰摂取後に行うため、過食症の方はそれ程太った外見でもないんですね。また、拒食症から過食症に移行し、さらに拒食症に戻って・・と、過食症と拒食症を交互に繰り返してしまう方もおられます。

問題は体重ではなく食べ方特に、拒食症で命を落としたとして知られているカーペンターズの「カレン カーペンター」は拒食症が悪化した後年は過食発作にも苦しめられていたそうです。そして、過食症の場合、欲求するのは「食物を摂取すること」なんですね。

なんとなく、自分の好物に囲まれて目を細めながら食べている姿を想像してしまいますが、過食衝動が起こっている内は「何でも摂取する」状態になる事が多いそうです。食べ物を味わったり、食べる事を楽しむのではなく、本当に発作のように食欲にコントロールが効かない状態になります。

拒食症のように食べられなくなるよりかは、過食症の方が食べられるから健康的と思いがちですが、過食症には代償行為という問題点があります。これが及ぼす精神的負担は拒食症のそれを上回っていますよ。

実際、過食症を苦にして自殺する方の割合は拒食症よりも高いというデータがあります。 「ただ、食べ過ぎているだけ・・」と過食症を判断するのは危険です。過食症で悩んでおられる方にとっては本当に辛い精神状態の中での症状なんですね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ