Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

子どもを連れての再婚。どうしても養子縁組を組みたい

離婚した相手に対しての配慮再婚し、婚姻届を提出すれば自動的に戸籍が変わると思っていませんか。大人だけの場合はそうなんですが、子連れ再婚の場合に、その子どもは大人程簡単のに戸籍をいじる事はできません。

あらかじめ戸籍に関する基本知識を身に付けておくと混乱せずに済みますので、ここで大まかな流れを説明しますね。

再婚した場合、再婚相手の戸籍に自動的に入ります。⇒戸籍を受け入れる側の子どもの場合は戸籍はそのまま変化しません。

反対に、新たに戸籍に入る側の子どもの戸籍は離婚前の状態で、姓も変更されることはありません。再婚後の夫婦間に誕生した子どもは、自動的に戸籍に入る形になります 具体的に説明すると、

(1)女性が初めての結婚をする⇒相手の男性側の籍に入る
(2)子どもが生まれる⇒父親を筆頭者とする戸籍に入る
(3)離婚し、母親が親権者となり、母親は旧姓に戻る
⇒母親だけが戸籍から外れる。父親と子どもの戸籍は変更されない。

つまり、離婚成立時点で、母親が姓を戻さなくても、父親の姓と母親の姓は別のものとみなされます。ですから母親と子どもが一緒の戸籍に入ることにはなりません。一緒の戸籍に入るためには、養子縁組をすることにより、親子関係が法律的に認められなくてはいけません。

また、母親が再婚をしても子どもの籍は変わりません。再婚相手の籍に子どもの戸籍を入れたい場合、再婚相手と子どもとの間に養子縁組を成立させなければなりません。

そうすることで、再婚夫婦と連れ子が一緒の戸籍に入れるようになります。まず、市区町村役場の戸籍係に、養子縁組届を提出する必要があります。養子縁組が無事に成立すると、連れ子は再婚相手の相続人になる権利も得られます。(この辺りで結構もめることも多いのですが・・)

ただ、養子縁組はそんなに簡単な手続きでもありませんので、注意して下さいね。

(1)配偶者のいる人が養子縁組をする⇒配偶者の同意を得る必要がある。

(2)未成年者を養子にする場合⇒家庭裁判所の許可が必要。

(3)後見人が被後見人を養子にする場合⇒家庭裁判所の許可が必要。

(4)孫や配偶者の子を養子にする場合⇒家庭裁判所の許可は必要なし。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ