Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

血の流れを良くして肩こりを改善

肩こりにはストレッチ冷えからくる症状でもっとも多いのは肩こりや首のこりでしょう。こうしたこりの症状は、眼精疲労や運動などで起こる筋肉疲労からくるこりとは全く違っています。ですから、湿布や塗り薬などでは、症状が改善されにくい場合が多いのです。

冷えが原因の肩こりや首のこりは血行不良が引き起こすものと考えられています。身体が冷えていると感じるとき、身体は血液の循環が鈍くなっている状態になっています。これにより、筋肉が必要としている栄養が行き届かなくなりますし、老廃物を回収することもできにくくなるのです。

その結果、乳酸などの疲労物質が筋肉に留まってしまうことになり、肩こりや首のこりを感じることになるのです。肩こりや首のこりは病気とは判断されませんが、血液の循環がさらに悪くなると、末梢血行障害という病気になってしまう可能性があります。

末梢血行障害は、手差しの指先にある細い血管に血液がうまく流れなくなる病気です。血管そのものが細くなってしまうこともあるのです。

末梢血行障害は、寒い季節になると、手足が冷えるという比較的軽い症状のものから、ひどい痛みやしびれ、潰瘍や凍傷を引き起こすほどの重症の場合があります。こうした病気にならないように、手足の冷えと同時に肩こりや首のこりを感じたときには、手足の血行を良くする対策をとるようにしましょう。

簡単な方法として、マッサージがあります。左右の足先をそれぞれ逆の手でもみほぐし、次に左右のワキからウエストにかけて、逆の手で上下にもみほぐすと手足の血行が良くなります。慢性的でひどい肩こりで常に頭痛や吐き気を伴う場合は、病気の可能性がありますので、早めに病院で受診しましょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ