Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ただ温泉に浸かっているだけじゃダメ!腰痛・肩こりに効く入浴法!

温泉と言っても様々な泉質がある
ストレス、運動不足、長時間のパソコン利用などから慢性的に腰痛・肩こりに悩んでいる人がたくさんいるようですが、腰痛・肩こりに効く温泉も数多くあります。

腰痛・肩こりに効能があるとされている泉質に、単純泉・塩化物泉があります。単純泉はいろいろな症状に効果があり、存在数も多い温泉です。塩化物泉は湯ざめしにくい「あたたまりの湯」とも呼ばれます。腰痛・肩こりは、血行をよくすることで改善されることもあります。

血行をよくする入浴方法は、長時間入るのではなく、短時間浸かってから休憩し、また短時間浸かると繰り返し入浴するのがよいようです。ケガや機能的な欠損がない場合は、血行不良や筋肉のコリが腰痛・肩こりの原因になっていることが多いです。

これらは温めて筋肉をほぐすと改善される場合が多いので、泉質だけでなく、入浴方法に工夫をするとよいでしょう。腰痛・肩こりに効く入浴方法は「打たせ湯」です。これは、お湯を肩や腰に滝のように落下させ、温熱と圧力で筋肉をやわらげる効果があります是非試してみて下さい。

ストレスから肩こりに悩んでいる場合、リラックスするのが効果的です。温泉は泉質による効能だけでなく、日常生活から解放されることにより、リラックスできるので、気の合う仲間とのんびりと温泉旅行に行くだけで、効果があるかもしれません。日常の疲れを感じている人は、泉質にこだわらずに気になる温泉宿に出かけてみるのもよいでしょう。

温泉の効能は、泉質によりますが、入浴方法によっても効能を得ることができます。 気軽に温泉を楽しむ方法としては「足湯」が有名です。足をお湯につけるだけですが、血行促進の効果が得られます。腰から下の浅い浴槽につかる「腰湯」、その浴槽を歩く「歩行浴」もあります。温泉の効能に関係なく入浴前に行ってほしいのは、「かけ湯」、「かぶり湯」です。

「かけ湯」は入浴前に心臓に遠い部分からお湯をかける方法で、これを行うことにより血管の収縮をやわらげるので血圧の急上昇を防ぎ、心臓の負担を軽減させてくれます。

また、成分の吸収もよくなります。「かぶり湯」は、頭からお湯をかぶることで、脳貧血の予防になります。 肩こりや腰痛に効く入浴方法は「打たせ湯」です。お湯を肩や腰に滝のように落下させる方法で、温熱と圧力で筋肉をやわらげてくれます。リラックス効果があり、ストレスに効く入浴方法として「寝湯」があります。浅い浴槽に横たわって入浴する方法です。

温泉の温度により「高温浴」「微熱浴」「低温浴」と分類することができます。高温浴は草津温泉で有名です。身体への負担が大きいので、何回かに分けて短時間入浴します。

そのほかに、リュウマチや筋肉痛に効く「泥湯」、新陳代謝をアップさせてくれる「砂湯」、筋肉痛や疲労回復に効果のある「蒸し湯」など、お湯以外のものや、温泉を飲む「飲泉」もあります。 症状に合わせて自分に適した入浴方法を試してみて下さい。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ