Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「開けたくない押入れ」をきれいにしてくれる5つの手順

洋服をかけるスペースもバッチリ収納力の高い押し入れ。ついつい何でも入れちゃって、気が付いたら虫食いがあったり、カビで使えなくなってたりしますよね。私も3年ぶり(!!)に押入れを開けたのですが、ネズミとゴキブリの糞だらけで愕然としました・・。

押し入れは布団や衣類、日用雑貨にオモチャなど、たくさんの物を収納するのに便利な場所です。でも、だからといって何でも放り込んで乱雑になったり、放置したままですと大変な事になっていますよ。

開けるのが怖い(!?)押し入れ、大掃除の機会に勇気を出して大整理もしてしまいましょう!まず、何があるかわからないのでマスクを必ず着用して下さい!(ここまで厳重にしないといけないのは私の家だけかもしれませんが・・)

(1)押入れの中身の確認
窓を開け、換気をしながら全部出してみて下さい。入れっぱなしであることすら忘れていたものも出てくると思いますよ。お天気が良ければ、外に出して虫干しもして下さい。

(2)押入れの床面や壁、天井面も隅々まで掃除機で吸って、溜まったホコリや細かい繊維クズなどをきれい取り去る!
この時、虫の死骸等もありますので、掃除機を守りたい方は先に箒で大きな物を履きだしておいて下さい。

(3)カビのチェック
布団の汗などで湿気の溜まり易い押入れです。衛生面でもカビの付いたお布団は健康によくありません。しっかりチェックしてくださいね。カビが生えていたらカビ取り剤で綺麗に拭きとってしっかり乾燥させて下さいね。

(4)乾かしている間に収納品を整理
子どものオモチャ等、使わなくなった不用品は処分してくださいね。処分=破棄ではありません。リサイクルセンターに持っていける物、捨てるしかない物をしっかり分けて下さい。

(5)再収納
めったに使わない物=天袋。日常使いの物=中段。時々使う物・重い物=下段。これが一般的ですが、使用頻度に合わせて工夫してみて下さい。

通気の悪い押入れ、布団などを直接置かずにスノコを敷くと少しでも湿気を逃がしてくれます。カビも生えにくくなりますよ。収納力の高い押入=詰め込み過ぎて散らかりやすい場所、ともいえます。新年を迎える前に、ブラックゾーンを一つでも減らして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ