Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

30代なのに骨密度を測ったら骨粗しょう症と診断されることも

骨に負荷をかけよう最近は、骨粗しょう症に、大いに関心が高まってきました。 そのために、骨についても、真剣に考えている方が増えてきました。

今では、健康診断などでも骨密度を測定します。 骨密度が分かったら、骨粗しょう症になりやすいかどうかもよく分かります。

ですから、健康診断を積極的に受けて、自分の骨密度について常にチェックしましょう。 できるだけ早いうちから骨密度を測定していたら、骨密度の数字が悪くなったときには、すぐに気づくことができます。

そうなったら、骨粗しょう症の予防には、大きな効果があるはずです。 まず、あなたの骨密度の最も高い、20代から30代にかけて1度、検査をしておきましょう。

それから、50代にさしかかったときにも、しっかり骨密度をチェックしたいですね。 このときは、女性ならば閉経を迎えて、骨密度が一気に下がってしまう時期です。

正しい骨密度を測って、しっかりと自分自身をチェックすることが必要になってきます。 またその後は、もっとも骨粗しょう症になりやすい時期になってきます。

少なくとも、1年に1度は、しっかりと骨密度を測定したいです。 もし、骨密度のチェックをしていなかったら、あなたが気がつかないうちに、骨粗しょう症にかかってしまっている可能性があります。

それでは、骨粗しょう症の治療も、有効には行えません。 そのようなことにならないように、頻繁にあなたの骨密度をチェックしたいですね。 骨の健康を気にしていたら、骨粗しょう症になるのを予防できます。骨粗しょう症では、筋肉をつけるためにも、骨を強くするためにも、適度な運動を取り入れていくことが非常に重要です。

運動をしないと、筋肉はどんどん弱くなってしまいます。 そして、骨粗しょう症の症状も、さらに進行してしまうでしょう。そうならないためにも、毎日欠かさないで、あなたの骨を丈夫にする運動を取り入れたいですね。

そんなときに、医者などによくすすめられるのが、歩くことです。 確かに歩くことは、骨粗しょう症の患者さんにとっては非常に効果が高いです。 けれども、骨が弱くなっている方に歩け!と言うのは、かなりきつい運動になります。

普通の人ならば、何とも思わないことでも、骨が弱くなっている患者さんにしてみたら、かなり大変なことです。ですから、簡単には歩けないということもあります。 そんなときにおすすめの運動は、水泳や水中運動です。 水泳や水中運動は、水の中で行うために、浮力を受けます。

この働きによって、あなたは少しの負担で、大きく筋肉を鍛えることが可能になるのです。 骨粗しょう症だけではなくて、ほかのどのような病気でも、水泳や水中運動は大注目されています。その大きな理由は、やはり患者さんの体にかかる負担が少なくなるからです。 無理に歩いたりしたら、体のほかの部分を痛めてしまうかもしれません。

けれども、水泳や水中運動ならば、そのような心配もないので、いつでも安心して運動ができます。 今大注目の水泳や水中運動を行って、あなたも骨粗しょう症を予防しておきましょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ