Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

しゃべるのがストレスにならないように褒めて子供を伸ばす

性格が塞ぎがちになってしまう吃音は大人にだけ発症する症状ではありません。幼児期に発症する吃音も意外と多いのです。 症状が発生しやすいのは2歳~5歳の年齢の子ども達に多いと言われています。

話始めから、一気に語彙が増える時期ですね。もちろん、話している子どもが自分で吃音に気付く事はほとんどないと思います。まず、親が子どもの話し方に違和感を覚えるようです。この2歳~5歳までの幼児期になぜ発症しやすいのでしょうか。

先述したようにこの時期は飛躍的な「言語発達」を迎える時期です。この時期に生じる吃音は「発達性吃音」と呼ばれ、かなりの割合の幼児が該当します。

ただ、その内の半数が自然治癒する事が多いのですね。 男女比で見てみると、不思議な事に男子の方が割合としては高めで、女子の割合は4人に1人程度と低い事が分かっています。

その明確な原因はいまだに解明されておりませんが、男の子の場合、言語発達の速度が女の子に比べ遅いことが理由のひとつと考えられているようです。

言いたい事があっても、男の子の場合、言葉がスムーズに出てこない・・、考えに言葉が付いてこない・・こういった事が男の子には多いのですね。また、子どもの話し方に吃音を感じられている親が「ゆっくりしゃべりなさい」「落ち着いて話して」と注意する事も多くなります。

これによってストレスを感じている子どもも多いと思います。幼児期に吃音症状が見られても、半数程度の幼児は小学校に入学する頃には症状が改善すると言われています。これは集団生活などで周りの友達の話し方を真似するようになってくることがあります。また、自然に改善しない場合でも、言語聴覚士による指導などをを受けることによってかなり症状が改善するようです。

幼児期に発生した吃音を大人になるまで抱えている方の割合は非常に低いと言われています。ただ吃音症状を自覚するようになってからでは治療が幼児期にくらべ困難になってきます。小学校進学以降も吃音が続くようであれば、専門知識者が在籍している病院で受診してみて下さい。吃音の自覚を持たない幼児のうちに適切な処置を施す事が大切です。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ