Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

甘いジュースやアイスクリームはなぜお肌に悪いの?

砂糖入りの缶コーヒーは控えめに「糖化」という言葉をご存知ですか?「・・何かが甘くなる・・?」と思わず思ってしまうような言葉です。でも、この糖化、 ほほや目の下などがたるむ原因にもなっているんです。つまり、糖化の予防をすれば「たるみケア」ができるんです!では、まず糖化についてご説明しますね。

この糖化、食事などで体内に糖分(グルコース)が取り込まれることで始まります。糖が体内に入ると、体を構成しているタンパク質と結合します。そして、タンパク質まで糖化させてしまいます。これがたるみになってしまうのでしょうか?

この糖化が肌で起こると、皮膚を構成しているタンパク質、「コラーゲン・エラスチン」などと結び付き、糖化生成物(AGEs)を生成します。そして、生成された糖化生成物には物の柔軟性を妨げる性質があるんです。

ある程度なら問題はないのですが、これが溜まっていくと次第に肌の張りが失われ、肌全体がくすんで行ってしまいます。この結果、糖化した肌にはハリがなく、ほほなどにたるみのある老化した状態になってしまいます。では、どうやって糖化を防ぐ事が出来るのでしょうか?

一番簡単な方法としては、糖化が起こらないように甘いものや炭水化物の摂り過ぎに注意することです。でも、全く摂らないと今度は栄養バランス自体がくるってしまいます。個人差はありますが、健康的な生活を送る上での適量があると思います。

一日にチョコレートを2かけらぐらいなら全く問題はありません。でも、一日にチョコレートを1枚食べ、ケーキやお菓子を食べ、お米のご飯に菓子パンなど糖質の高い食品ばかりを食べていると一気に体の糖化が進みます。もちろん、血糖値も上がり健康にも悪影響を及ぼします。全く摂取しないのではなく、適量の摂取が一番良いです。

また、糖分を消費するために運動を取りいれるとさらに糖化防止の効果が上がります。糖分をエネルギーに変え易くするため、ウォーキング等の有酸素運動はおススメです。

忙しくてそんな時間のない方、電車に乗る駅を一つ遠くにしてみて下さい。それだけでもウオーキング効果はありますよ。 健康の為、たるみを引き締め老化防止をするためにも、お肌の糖化防止対策始めて下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ