Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昔と違う、今どきの非常食!これだけは確保の保存食料

長期保存が可能なご飯地震災害に備えて、防災グッズを準備する時は、飲料水の他に保存食品も準備しておきましょう。一般的に、缶詰や乾燥食品の乾パンなどがおすすめですが、最近は、さらに便利な食品が手に入るようになりました。

これまで利用されてきた乾パンは、子供や高齢者には、あまりおすすめできません。とても硬くて食べづらいのが不人気でした。最近は、改良されたタイプが普及しています。柔らかいまま缶詰にしているので、いつでもできたてを食べることができます。

さらに、地震災害時には、熱や火を使わずにすぐ食べられる食品を備えておきましょう。電子レンジやオーブン、鍋やフライパンを使う調理はできなくなるので、開封してからすぐに食べられる食品がおすすめです。

缶詰はもちろんですが、乾燥状態で販売されているドライフードも便利です。開封後に水分を含ませれば、非常食として利用することができます。地震災害の対策として、防災グッズを準備する時に飲料水や食料品を確保しますが、保存期間の長い製品を購入するようにしましょう。

食品なら賞味期限が記載されているので、ある程度の目安にするといいでしょう。缶詰やドライフードは、長くて5年前後保存できるものがあるので、年数が長く、忘れてしまうことがあります。定期的に防災グッズの中身をチェックして交換するなら、ある程度賞味期限の短い物でも構わないでしょう。日頃から地震災害に対する意識を持ち続けることが大切です。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ