Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

災害時の食料や飲み水は最低2日分を用意する

大地震に備えよう頻繁に起る地震に備えた防災グッズが注目されていますが、実際に購入する時に何から準備していいのか、迷うことがあります。まず、地震災害を想定した必需品をリストアップしておく必要があります。

自分だけは大丈夫と思わないで、非常時に備えておくことが大切ではないでしょうか。実際に地震災害に遭ってからでは、手遅れになります。

特に食料や水、防災グッズに関しては、家族の人数分を計算して1週間分備えておく必要があります。 地震災害を経験したことがない人は危機感がないのですが、実際に災害が起こってしまうと、交通網が遮断されてしまいます。

家屋の倒壊や道路の崩壊などが起こってしまうので、自由に行動することができなくなります。 最悪の場合は、避難所へ行く道がなくなる可能性もあるでしょう。ですから、備えを十分にする必要があります。日頃から準備できる防災グッズや非常食品を整えておくことが大切ではないでしょうか。

特に非難所のすぐそばに住んでいる人は、楽天的に考えてしまいますが、実際には、非難できなくなる可能性もあります。非難して来る人が多くなると、水や食料品の確保が難しくなります。非難所で食料品が配布されたのが、震災後の2日後という報告もあります。さらに十分な食事とは言えませんでした。

ですから、日頃から防災グッズを点検して、常に危機感を持っている必要があります。 避難所があっても、確実な避難場所になるかどうか、わかりません。どの家庭でも防災意識を高めることが大切です。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ