Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

親の努力で防げる?小児がんの予防法ってあるの?

小児がんを患う子どもとその家族一歳で小児ガンを発症した子供がいたとします。どうすれば予防できるのでしょうか?

大人のような食習慣や生活習慣も確立していませんし、ようやく離乳食が完了するかどうかの時期です。このように、小児ガンには予防法が無いのが現実です。そもそも、小児ガンが発症する原因がまだ解明されていないのです。

また、遺伝的素因を持っているとしても、必ず発症するものではありませんし、小児ガンになってもいないのに抗がん剤で予防措置を取る事もできませんよね。

まあ、一言でいうと、小児ガンの予防は無理なんですね。いきなり発症してしまうモノ・・・という感覚でとらえた方がスッキリするかもしれません。

ただ、現代の医学で出来る事も少しですがあるんです。それは、出来るだけ早期発見をすることなんです。特に脳腫瘍や神経芽腫、神経芽細胞腫などでは転移ということもありますから、早期発見が生存率に関わってくる場合もあります。

腫瘍が小さい内に発見できれば手術の成功率もあがります。いつもと子どもの様子が違う場合、何らかの兆候が見える場合は出来るだけ大きな病院で検査を受けるようにして下さい。

また、一部の自治体では尿から神経芽腫などの検査をしている所もあります。(あまりハッキリとした効果がないので、休止中の自治体もあります)白血病の場合は、早期発見に越したことはないのすが、白血病細胞の増殖率と治癒率にはあまり関係はないようです。

増殖率が高くても、抗がん剤が効きやすいタイプもありますし、あまり増殖しなくても抗がん剤に対する耐性が強く、治療効果が上がらないモノもあります。発見が遅かったから、、と自分を責めないでくださいね。 原因が判明しない病気ですので、様々な解釈が生まれます。

特に兄妹のどちらかが罹患した場合、もう一人も、、と不安になってしまいます。また、近所の知り合いに「うつらない?」と聞かれることもあるかもしれません。

でも、こういった事は全て根拠のない憶測だと思って下さい。特に母親は自分を責めてしまいますが、不可抗力の病気なんです。「私が元気な体で産んでやれなかった・・」という事ではなく、「どうしても防ぎようのない事なんだ」と思うようにして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ