Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

とにかく甘いものが食べたくなる生理前。我慢するしかないの?

生理前は食べたいものを我慢しない毎月、生理前後になると体重増に悩むという女性は少なくありません。男性には理解しづらいことかもしれませんが、生理前になると甘いものが食べたくなったり、食欲が旺盛になるという女性は多いものです。

これは卵巣から分泌される女性ホルモンの影響を受けているためで、普段の食欲とは違って抑えるのが難しい場合も多々あります。卵巣から分泌されるホルモンの中には、生理前に分泌されるプロゲステロンと、生理中に分泌されるエストロゲンがあります。

このうちプロゲステロンの分泌量が多くなると、血糖値が低下します。血糖値が低下すると自律神経が乱れ、それによるストレスとブドウ糖の不足が相まって食欲増進を引き起こします。

これを防ぐには血糖値を一定に保つことが大切ですが、そのためには一定量の炭水化物を摂取する必要があります。炭水化物は太るからと避けている人もいますが、炭水化物を摂取しないと血糖値が下がり、食欲を抑えることができなくなります。

過度な食欲はダイエットの障害になりますから、ある程度の炭水化物は摂取することが望ましいでしょう。とは言え、一度にたくさん食べるのはダイエットの観点から言ってもあまり好ましい食べ方ではありませんから、少量を何度かに分けて食べてみましょう。

血糖値を下げ過ぎないためには、3時間おきに炭水化物を摂取するのが理想だと言われていますから、少量を3時間ごとに食べるのがお勧めの食べ方です。甘いものが欲しくなったらお菓子ではなく果物などを食べることで、血糖値の変動を防いで食欲を抑える効果もあります。また意識的にストレスを発散するようにすると、食欲の増進を防いで暴飲暴食を抑えることができます。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ