Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中耳炎の時って泳いでもいいの?水泳をするときの中耳炎対策。

中耳炎と診断されたら小学校や幼稚園でプール授業が始まると中耳炎が流行る・・という認識がまだ根強く残っていますよね。健康のために水泳を始める方が大人だけでなく、子どもにも増えて来ています。

水泳は全身の筋力を使って動きますし、心肺機能を高める効果もあります。また、高齢者のリハビリなどにも効果を上げています。そしてなにより、体力を増進し免疫力を高めるというメリットがありますよね。

でも、大勢の様々な年齢層の人が入るということで衛生管理がきびしくなりました。それに伴い、消毒用の塩素を多く使うようになり、殺菌・除菌と言う効果は高まりましたが、反対に鼻・耳・目などの比較的弱い粘膜を傷つけてしまう結果にもなってしまいました。

これは耳鼻科系疾患を持っている人にとって疾患を悪化させたり、治癒が遅れたり・・というデメリットになるのですね。水泳の可否は患者さんの体調、疾患の状態などによって決められます。もちろん、担当医の判断に任せる事なのですが、一般的な傾向をご紹介します。

中耳炎患者が多い時期は夏と冬です。特にどちらが多いかというと、実は水泳のピーク時の夏ではなく、冬に多いのですよ。夏にプールに入ったから・・ではないんですね。つまり、風邪をひく人が多いから中耳炎患者が多のです。 (水泳部の生徒に中耳炎の発症例が多いという事実もありません。)

スイミングスクールに通う児童と通わない児童で中耳炎の発症率を比べてみても、ほとんど差はないという結果があるぐらいですから、水泳(プールの水)と中耳炎はほぼ関係ないと考えられています。ただし、これは中耳炎に限った話です。結膜炎などでは確実に悪化する事もありますから、気を付けて下さいね。

症状に合わせて注意すべき点をしっかり守る・きちんと治療を続ける、これさえできていれば水泳をする事は可能ですし、問題になる事でもありません。では、何に一番注意すべきでしょうか。第一には風邪をひかないということです。風邪は中耳炎を悪化させます。特に鼻水は中耳炎の最大の原因にもなりかねませんから、水泳の時間、体温調節などを心がけて下さい。

また、鼓膜に穴があいていても、中耳内に汚物が入らなければ水泳は可能です。(!)正しく耳栓を装着し、その上から水泳帽をかぶせる事で水の侵入は防げます。 ただ、急性期は避けなければいけませんよ。(まあ、熱や耳だれが酷い時に泳ぎたい!とはあまり思わないとおもいますが・・)

その判断は素人では無理ですから、発症中の水泳は医師の指導の元で行って下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ