Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「親に原因はない!?」多岐に渡る小児がんが引き起こされる理由

小児がんの子どもたち小児ガンが発症する理由はまだ解明されていないんです。医学の進歩やより精密な検査方法により、いくつかの解釈が出来始めてはいるのですが、「これだ!」と言う原因が見つかっていないのが現状なんですね。

大人ですと、タバコの吸い過ぎによる肺癌など、生活習慣などからの原因が特定されますが、子どもの場合、非常に低年齢で発症する事が多いので生活習慣が原因とは考えられません。

どちらかと言うと、遺伝的な要因によるものとされています。ただ、遺伝=親から受け継がれたモノ、という括りでは考えない方が良いと思います。15歳以下と言う年齢は細胞分裂が非常に激しく起こっています。分化し、増殖し・・・この繰り返しで成長へとつながって行くんですね。

この段階で染色体の機能に何らかの刺激、変化、変質が起こった場合、細胞の分化、増殖が正しく行われなくなります。分かりやすく言うと、トランプを1000枚重ねる事を想像してみて下さい。

最初の一枚目の上に次の一枚、また、次、、と重ねて行くわけですが、きっちりと上に重ねないとだんだんズレていってしまいますよね。1,000枚全く同じように積み上げるとまっすぐになるのですが、途中で一枚でもズレてしまうとだんだん形が傾いてしまいます。

人の細胞でもそうなんですね。一つの細胞の分化、増殖が途中で変質してしまった場合、その細胞は誤った情報のまま分化、増殖してしまうんです。で、これが組織に異変をもたらし、肉腫となる・・・。この考え方がある程度の理解を得ているようです。 では、その細胞分裂時に加わった刺激は何からきたのでしょうか?これがまだハッキリとは判明していないようなんです。

電磁波は一時期非常に問題になっていましたが、電磁波に限定出来る程の発症数はないのですね。生まれながらに染色体の一部に変質があった、成長過程で細胞分裂と染色体の情報が上手く連携しなかった・・・。こういった解釈が多いようです。ただ、原因が分かったからと言って100%予防出来るものでもないと思います。また、遺伝という言葉で自分を責めてしまう母親も多いのです。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ