Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

もしかして、もう始まっている?若い世代の骨粗しょう症!

カルシウムの多い食品最近、特に増えている骨粗しょう症の大きな原因が、ダイエットです。 極端なやせ願望が広がっています。特に女性の場合には、10代の骨を作る重要な時期に、極端なダイエットをすることによって、骨がぼろぼろになってしまう方が大変多いです。

ですから、骨の健康を維持するためには、極端なダイエットは絶対に行わないことです。 モデルのようにやせ細っているのを美しいとする風潮があるので、どうしても女の子はやせ願望が大きくなっていきます。

骨粗しょう症を予防するためには、若いときから、骨を健やかに保っていかなくてはならないのです。 そうしなくては、いくつになっても、健康で丈夫な骨で過ごすことができなくなってしまいます。

そんな重要な時期にダイエットをして、必要な栄養成分が摂取できなかったら、骨が最悪の状態になってしまうでしょう。若いときに、骨が発達しなかったら、一生健康な骨は作れません。 20代になってから、あわててカルシウムを摂取しても、まったく意味をなさないのです。

ずっと、不健康なままで、生きていかなくてはならなくなってしまいます。 ですから、極端なダイエットをしている方は、今すぐに中止してください。そうしないと、あなたはいくつになっても、骨粗しょう症に悩まされることになります。 骨粗しょう症になってしまったら、体中の骨が弱くなってしまい、すぐに骨折をしたり、怪我をしやすくなります。

それでは、健康な生活を毎日送れませんね。 若いときからしっかりと栄養成分を摂取して、健康に骨粗しょう症にならないように心がけてください。骨粗しょう症にならないように気をつけるときには、多くの方がカルシウムのことを思い浮かべるでしょう。

確かに、カルシウムはあなたの骨を作り出しますし、骨粗しょう症を予防するときには、絶対に欠かせない重要な成分です。だから、毎日しっかりとカルシウムを摂取することは、非常に重要なことです。 けれども、それだけを摂取していたら、骨粗しょう症を予防できるかというと、そういうことはありません。

カルシウムだけを摂取していても、十分とはいえないのです。 骨粗しょう症を予防するためには、十分にとったカルシウムを、しっかりと骨の中に定着させなくてはならないのです。ですから、その働きをしてくれる栄養成分も、同時にとらなくてはなりません。 そこで、注目されるのが、ビタミンDです。

あまりよく知られてはいませんが、ビタミンDにはカルシウムを安定して骨にするときには、絶対に必要になってきます。ですから、カルシウムを摂取するように、ビタミンDも積極的に摂取しましょう。

そんなビタミンDがたくさん含まれている食品は、バターや卵黄、きのこなどです。 カルシウムをたくさんとるように、毎日の食生活の中で、ビタミンDも積極的に摂取しましょう。そうすれば、効率よくカルシウムが骨になっていくので、骨粗しょう症にもなりにくく、丈夫な骨が維持できるようになります。

ビタミン Dは、カルシウムが骨になるときに、接着剤の役割を担ってくれます。 毎日少量でもその効果はありますから、食事から忘れないように食べたい栄養成分です。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ