Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

市販の問題集と参考書だけの勉強で保育士の資格は取れるのか

保育所だけでない活躍の場保育士の資格取得方法は大きく分けて「保育士養成学校に通う」方法と、「国家試験を受ける」方法の2つです。方法が違っていても、取得する資格に違いはありませんが、それにかかる時間、費用は大きく変わってきます。どれぐらい違っているのか、比較してみましょう。

保育士養成学校に行く
厚生労働省が指定した4年制大学、短期大学、専門学校が主な施設となります。大体、年間100万円前後の学費がひつようになります。

つまり、大学なら400万円、短期大学、専門学校でで200万円前後となります。指定された課程を修了=卒業と同時に保育士の資格が取得できるのがメリットです。また、これらの学校の中には夜間や通信コースを設けている所もあり、通常の費用よりは抑えられています。ただ、資格取得までの期間は通常より長く設定されています。

国家試験=保育士試験に合格する
試験の受験料は12,700円です。ただ、何もせずに試験に受かる訳はありませんよね。高度な専門知識を必要とされる保育士の資格です。それに向けた学習が必要になってきます。市販のテキストを用いる場合は3万円程、通信教育などを申し込むと5~10万程度の出費となります。

保育士養成学校に通うよりはかなり費用は抑える事ができますが、国家試験に合格しない限り出費は続く事になります。自分でしっかりとスケジュール管理をする必要がありますね。 また、試験対策用のスクールもあります。

こういったスクールを利用する場合、10万以上の出費が掛ると言われています。自宅学習よりはスクールの方がケジメが付けられるから・・・という方にはおススメの方法ではないでしょうか。国家試験をうけるばい、それにかかる費用は自分次第とも言えるようですね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ