Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ティーグランドで、プレイと一緒にマナーの流れも掴んじゃおう!

スロープレイの原因ティーグラウンド、ここはプレイの流れを掴む場所でもありますからゴルフ場の中でグリーンと並んで非常に集中力が求められる場所でもあります。

全員が気持ちよくティーショットを打てるように、ここでもいろいろとマナーやルールが決められていまスので、簡単にご紹介しますね。

まずはティーショットを打つ順番です。これは前のホールでのスコアで決まります。つまり、前のホールでのスコアが同じなら、その前のホールでのスコアがよい人が先に打ち始めることになります。

また、男女混合でプレーすることもよくありますが、女性と男性が一緒にプレーする場合、レディースティーから打つ人がいる場合には、先にバックティーを打つ方の方から打ちます。

その後、レディースティーから打つ女性ゴルファーが打ちます。何だかレディファーストに反するようでもありますね。でも、これは何よりも最優先されますから、前のホールのスコアが女性のほうがよくてもレディースティーが先ということはありません。

これは後ろからのボールが当たると危険という理由もあるんですね。レディースティーから打つ方も男性が打ち終わるまではバックティーで待機するようにして下さい。

他にもティグランドでの必ず守るべきマナーとして、「他人の邪魔をしない」という事があります。打とうとしているプレイヤーの視界に入る位置にいるのは危険ですし、かといって、背後に立つのもあまりよくありません。

バックスイングでクラブが当たったり、目に異物が入ってしまう事もあります。そして忘れてはならないのが「静寂」です。物音も集中を妨げる大きな原因です。自分では静かにしているつもりであっても、意外と音というものは人の耳に入りやすいものなんですね。

ボールやティーをバッグやポケットから取り出したくても、他人がショットしている間は避けるようにして下さい。

一方打つ側にも守るべきルールがあります。それは後発のグループを必要以上に待たすことのないよう、できるだけめ速やかにショットを打つという事です。深呼吸や素振り、方向確認を繰り返してばかりでいると顰蹙をかってしまいますよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ