Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

セルライトを揉んで、ぷるぷる太モモにさようなら

太ももの後ろ側を引き締めるセルライトは血行不良で皮下にある脂肪細胞の退社が衰えてできる老廃物のかたまりです。

夕方、脚がパンパンになる人や、日ごろ運動不足の人は要注意です。筋力がたりないとポンプ作用が低下し、水分代謝が悪くなってしまうからです。その結果、むくみや冷え性がいっそうすすみ、ため込みやすい体質になってしまうのです。

太ももの贅肉を取り除くには、太ももの前部分も後ろ部分も揉んでほぐすのがおすすめです。ももの前側と内側は、すぐにむくんだりたるんだりしてしまいます。普通に過ごしているとあまり使われない場所だからです。

血行を促す効果のあるマッサージは、セルライトやむくみの予防に効果的です。お風呂上がりは、足先から心臓に向かってマッサージしてみましょう。ももに両方の手を被せて、急いだりせずに足の上の方に向かってずらしながら圧迫していきます。さらに内ももを両手でつまんでねじりながら揉みほぐします。

その後、ももの付け根の部分を親指で指圧を行います。ももが柔らかくなったら、右手も左手も当てて、もものあたりから足の付け根付近まで押しながらマッサージをしていきます。ももの後ろ側も、厄介なセルライトを揉みほぐしてなくしていきましょう。

両方の手で包み込み、指も使って押して、ももの後ろ側も揉みほぐします。それから、手をグーにして、ひざの裏あたりからもも裏の真ん中を通ってお尻の際まで引っ張り上げます。これを実践する時は立ったままの方が楽に行えるでしょう。

その後、腰を下ろしてひざを立て、膝の後ろから足の付け根までをさすりながらマッサージをします。ももの後ろはマッサージをしにくい場所なので、イスなどに座って行うことで楽をしながら足やせを目指して揉みほぐしましょう。太ももがお尻に変わる部分がちゃんとわかる状態になれば、足やせ効果が出ている証拠です。

また、むくみや水太りが気になる人は、漢方薬で対処するのも効果的です。水分代謝を高めむくみを改善してくれる防己黄蓍湯(ぼういおうぎとう)がおすすめです。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ