Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「これはNG!」好きな色でも使い方一つで変わっちゃう!?老けた印象を与えるファッション

洋服の色選びはとても重要老けた印象をもたれることが多いという人は、服装に変化をもたせることで若く見せることができるかもしれません。どんな服装が老けた印象を与えやすいのかというと、派手なものより落ち着いたものだといわれています。

たとえば、20代なのに50代の人が好むような服装をしている人は、当然ながら老けた印象を与えてしまいます。茶色系が好きで、ファッションに取り入れる人は少なくありません。ですが、そればかり取り入れていると、どうしても若く見せることが困難となってしまいます。

明るい色を基調として、差し色のように茶色を取り入れる程度であれば問題ありません。ですが、全体を暗い色でコーディネートしてしまうと、どうしても老けて見られやすくなってしまうのです。

若く見せるには白や黒などのはっきりした色以外にも、明るいパステル系を多用するのがおすすめです。全身を同系色でまとめると老けて見られやすくなってしまうので、できるだけ明るくなるように心がけましょう。自然と同じ色の服を買ってしまうことはよくありますが、同色の服ばかり着ていると地味な印象になってしまいます。

毎日違う色の服を着るようにして、変化をつけることが大切です。 ただし、人によって似合う色とそうでない色は違うので、試着してからしっくりくるものを選ぶのも重要です。柄物は柄の種類や大きさによって老けて見られやすいものもあるので、洋服選びに自信がない人は避けた方がいいかもしれません。自信がないときは、販売スタッフの意見を聞くようにするといいでしょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ