Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ダイエットにタバコは逆効果!?タバコと食欲の関係って?

食事の量が適正になると食欲も正常になる喫煙者の口からたまに聞かれるのが、「タバコを吸えば食欲を抑えることができる」という言葉です。これは確かに真実ではありますが、タバコは食欲を抑えるだけで痩せる効果があるわけではありません。

どういうことかと言うと、タバコで空腹を紛らわすことはできても、脂肪を燃焼することはできないということです。もっと言えば、タバコには内臓脂肪を増やす作用があるため、喫煙を続けていると逆に太りやすい体になってしまうのです。

とは言え、空腹感を鈍らせて食欲を抑える効果があるのは事実です。タバコには実際に食欲を減退させる薬物が含まれており、それが空腹感を麻痺させているのです。

禁煙した人の多くが太ってしまうのは、タバコ以外に空腹感を紛らわせる術を知らないためかもしれません。しかし先述のとおり、タバコには痩せにくい体質を作る作用があります。喫煙することで食欲を抑えることができたとしても、太りやすい体になってしまっては意味がありません。

またタバコが健康に及ぼす害は大きく、発ガン率や動脈硬化のリスク上昇など、食欲を抑えるためだけに吸うには引き替えにすべきリスクが大きすぎます。また、喫煙するとニコチンやタールなどの有害物質が体内に入り込むために、それらを解毒しようと通常以上のエネルギーを使うことになります。

この時のエネルギーは、脂肪を燃やすエネルギーとは異なり、ムダな消費と言わざるを得ません。タバコを吸わない人が、ダイエットのために喫煙を始めるケースもあると言いますが、絶対にお勧めできません。タバコによるリスクを背負うくらいならば、タバコに頼らずに食欲を抑える方法を身につけましょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ