Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

何に使う?何が必要?緊急災害時の「工具類」

災害時にどう身を守るか地震災害への備えとして防災グッズを準備する必要がありますが、さまざまな工具類も役に立つので、保管しておいた方がいいでしょう。

集合住宅は廊下や階段が壊れてしまうと階下への脱出が不可能になってしまいます。その場合は、はしごやロープがあれば、何とか無事に脱出できるでしょう。

日頃から地震災害に対する意識を高めておくことが大切です。 このところ、緊急時の脱出に役立つ工具類が、注目されています。バールやノコギリ、ハンマーなど、日頃使っている工具類で人命を救うことができるでしょう。

さらに、地震災害の場合は、スコップがあれば、あと片づけが、少しは楽になるかも知れません。どのような状態でも、できるだけ早く、周囲の環境を整える必要があります。 地震災害を考えた場合、役立つ工具類を確保する必要があります。

さまざまな障害に対応できるように、日頃から必要な工具をリストアップしておくといいでしょう。中には、十分な防災グッズを準備しながら、ほとんど中身を確認していない人もいます。保管する工具類は使用法を確認して、一度は手に取っておくといいでしょう。

実際に使うチャンスがないまま、防災グッズの工具類を保管していると、実際に使う時に使い方がわからなかったり、間違った使い方をしてしまいます。自然災害を考えた防災グッズの工具類は、準備するだけでは、ほとんど役に立たないかも知れません。自分で使用できる範囲内で選んだ方がいいでしょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ