Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

引越しで小学生の子供を転校させてしまう時の不安

子供がいる家族の場合家族で引越しをする場合、学校に通っている子供も「転校する」事になります。引越しが決まれば何かと忙しくなりますが、転校手続きの準備を優先させて下さいね。

細かい転校手続きは学校によって方法が事なってきます。転校先の学校に直接電話で確認するようにしてください。可能であれば一度その転校先の学校に出向いて、必要事項などをしっかりと聞いておくようにすると、後々の混乱がかなり防げますよ。では、一般的な手続きについて大まかにご紹介しますね。

準備物の確認
必要書類はもちろんですが、前の学校では必要なかったものが新しい学校では必要になることもあります。制服などもそうですし、自転車通学の許可されている中学校ではヘルメットなどが必要となる事もあります。また、学校指定の学用品、文房具、などのチェックも必要です。(教科書は学校側が用意してくれると思います)

特に制服などは、新しく作る必要がありますが、採寸から始まるので時間がかかってしまいます。転校日に出来るだけ間に合うように早い目に準備しておいて下さいね。

学校側への連絡
遅くても1か月前には学校の担任の先生に連絡しておくようにして下さい。

書類
学校から「在学証明書・教科書給与証明書」を交付してもらいます。そして市区町村役場に転居届を提出すると、転入学通知書を交付してもらえます。この「在学証明書・教科書給与証明書・転入学通知書」が新しい学校に提出する書類となります。

「ものすごく複雑な手続き」ではありませんので、ご安心くださいね。詳しい流れについては、学校側に確認すると丁寧に教えてもらえると思いますよ。また、引越しをしても通う学校が変わらない事もあります。ただ、この場合でも通っている学校へは住所が変わったことの連絡は必要です。

けっこうこの連絡を忘れてしまわれるケースが多いのですが、後々いろいろと面倒が起ってきますので、必ず忘れないようにして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ