Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

自宅は津波で浸水する恐れがない地域かもしれない

避難の呼びかけに注意東日本大震災で繰り返し放送された津波の映像。その威力は、地震そのものの被害よりもはるかに甚大で、建物はもちろん、町全体をあっという間に飲み込んでしまうものでした。

今まで地震大国として様々な経験から培ってきた津波対策も東日本大震災の津波の前ではその効力を十分に発揮する事は出来ませんでした。

もちろん、この地震による津波の教訓を国や各自治体は今後の津波対策に生かそうと津波情報の出し方や避難方法の再検討、再構築に日々取り組んでいます。でも、自然の脅威に対策を立てる事ができるのでしょうか?

堤防や防波堤を強固にしていても、予想を上回る津波にはどう対応する事ができるのでしょうか。京都の南側に住んでいる私は津波の恐さと言うものを体験した事がありませんので、想像することすらできません。

でも、例え私のように海から遠く離れたところに住んでいても、旅先で津波に巻き込まれてしまう危険性はあります。「ここには津波が来る事は無いから・・」と人ごとのように思っていると、いざという時に自分の命を守る事は出来ないんですね。どんな状況でも冷静に判断できるよう、津波に対する対応をここにまとめてみますね。

津波の大きさについて認識する
地震情報で「予想される津波の高さ」とよく聞きます。10㎝、20㎝など具体的な数字で伝えられますから、その波の高さを一度自分の浴室で体験してみて下さい。例えば「50㎝の津波」と聞くと「それくらいなら・・」と思う方が多いです。でも、湯船で靴下を履いたまま50㎝の水の中を歩いてみて下さい。大人の膝辺りまで水がきますから、かなり足を取られてしまう事が分かると思います。

津波の動きと速さの理解
津波は、川や水路、道路を伝って、時速100km近くの速さで駆け上がってきます。(これは震源の深さによっても大きく変わります)そのため、水量もさることながら、水圧によって大災害へと広がってしまう事が多いのです。こういった津波から逃れるためには、出来るだけ迅速に海や川から離れ、そしてできるだけ高い場所へ避難する事が重要です。

また、側溝や、ふたで覆われた水路などからも水が昇ってくることがありますから、そういった箇所は必ず避けて下さい。地震発生直後に津波が襲ってきますが、沿岸部から陸地に津波が到達するまでには多少の時間があります。身の回りの物を持って、出来るだけ早く安全な場所に向かって逃げることが一番の有効な対策なんですね。

避難時の注意
どんなに急いでいても、歩きやすい靴を履いて下さい。そして落下物から頭や手足を守るために帽子、手袋、長袖の上着などで身を守って下さい。

軍手などは滑りにくく、物を握る時には有効ですし、長ズボンを履いていたおかげで、足の怪我を防げたこともあります。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ