Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

抗がん剤治療だけが治療じゃない!小児ガン治療を支える「支持療法」

小児がんの脅威小児ガンに対して3大療法と呼ばれる治療があります。化学療法、外科治療、放射線治療がこれに該当します。ただ、これに含まれておりませんが、治療を円滑に進める為の支持療法があり、小児ガン患者が受ける身体的な補助をになっています。

主に、輸液、輸血、感染症の予防・治療、栄養の摂取などがあります。 具体例を上げますと、ロイナーゼと言う抗がん剤は非常に膵臓に負担をかけます。これを軽減する為に脂分を控えた予防食を出している医療機関もあります。また、抗がん剤の影響で体内の免疫力が低下します。

この判断は白血球の数値できまります。通常、採血データで白血球の数値が1000未満になった時点で室内待機となります。また、ベッドの周りにアイソレーターと呼ばれる空気清浄機でベッドを囲み、患者に清浄な空気のみを送り感染を予防します。

他にも、点滴を直接中心静脈に入れるIVHカテーテル処置を取っている子どもがほとんどですので、挿入口の殺菌、消毒、ガーゼ交換を定期的に行います。こういった支持療法は目立たないものではありますが、日々の治療に欠かせないモノでもあります。

子どもの体は回復が早い反面、進行も早いです。一度感染してしまうと、その日のうちにアッと言う間に体内に広がって行く事もあります。これを防いでくれるのも支持療法なんですね。毎日の治療に加え、支持療法との協力体制によって小児ガン治療が円滑に行えるのです。

何気ない手洗い一つをとっても大切な支持療法だと言えると思います。医療側だけでなく、付き添う家族にも出来る事があるのが支持療法のもう一つの特徴だと思います。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ