Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

冬でも欠かさず紫外線対策を!でなければ・・・

気づかないうちにシミが「紫外線」と聞くと「シミの原因」と思いますよね。もちろん、紫外線の影響が一番ハッキリと現れるのは日焼け等による色素定着です。でも、この紫外線、「たるみ」の原因にもなるんですね。

もともと紫外線は太陽光に含まれ、生物に様々な影響を与えます。(悪い影響ばかりがデフォルメされていますが、良い影響もあるんですよ。)そして、紫外線による皮膚の老化もそのひとつなんです。

「紫外線が皮膚を老化?」恐くて外を歩けなくなりそうですね。さて紫外線は人間にとって必要な物でもあります。特にビタミンDの生成には非常に重要な働きをします。

しかし、もう一方では紫外線の「浴びすぎ」によって皮膚細胞中のタンパク質を変性させ、遺伝情報が詰まったDNAの損傷という非常に良くない働きもしてしまいます。もともと紫外線には波長の違うUV-AとUV-Bがあります。

UV-A:
肌の奥にある真皮にまで届きます。これを浴びることでメラノサイトを活性化して日焼けを起こします。

UV-B:
比較的皮膚の浅いところに留まり、日焼けで肌が黒くなるメラニン細胞を活性化させます。

まあ、どちらも日焼けを起こしてしまうのですが、ほほのたるみにより強く影響を与えるのがUV-Aなんですね。というのも、UV-Aは真皮にまで届きます。実は、この真皮にはコラーゲンとエラスチンという肌の弾力を支えるのに必要な成分があるんですね。

でも、恐ろしいことに紫外線は肌の弾力に必要不可欠なコラーゲン繊維をバラバラにしてしまうんです!つまり、紫外線を浴びることにより、この2つの成分を破壊する酵素を増やす作用をしてしまいます。

こうなると、肌を持ち上げてくれるものが弱くなりますから、その結果、皮膚の張りを保つ働きが失わてたるみができてしまいます。この現象にはちゃんとした名称があり、「光老化」と言われています。何だか、外を歩きたくなくなるようなネーミングですね・・。

特に顔は、衣服で隠し易い体とは違い外気に晒されることが多いです。それだけ光老化になりやすい部分であり、また老化が目立ちやすい部分でもあります。紫外線に当たらずに生活する事は出来ません。でも、日焼け止めを上手く使う事で体に浴びる紫外線量をコントロールする事は出来ます。夏にしか使わない日焼け止め、冬にも使ってたるみ対策をしてみて下さい。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ