Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

美肌の秘訣!それは乾燥肌も守ってくれる紫外線対策

紫外線による肌へのダメージ殺菌や消毒効果に優れている紫外線、でもそれを浴び過ぎると体には有害です。そればかりか、女性にとってはシミやそばかすの原因ともなっているお肌の最大の敵でもあります。

また、紫外線と乾燥肌は非常に密接な関係にあります。肌が日焼けをする⇒肌から水分が抜けてしまう⇒肌の乾燥が進む。こんな関係にあるんですね。だから、乾燥肌タイプの方はより入念に日焼け対策、つまり紫外線対策をされる事をおススメしたいです。

「でも、乾燥肌に日焼け止めクリームを塗ると余計悪化しそう・・」と思われるかもしれません。もちろん無添加の日焼け止めクリームもありますし、また、赤ちゃん用の日焼け止めクリームなども刺激が少なくおススメです。また、これはあまり知られていない(?)ようですが、肌が潤っていると紫外線の影響を受けにくくなります。

ですから、日焼け止めクリームを塗る前にしっかりと「化粧水・乳液」で保湿ケアをしておくとより効果があがります。さて、ここで「紫外線」自体についてどれぐらいご存知ですか?「日焼けをする」というのが大体の共通認識ですよね。私もそれ以上は興味も無く、「ただなんとなく、日に焼き過ぎると後々大変・・」という程度のイメージしかありませんでした。でも、紫外線はA波とB波とC波と大きく分ける事ができます。

A波:
日頃浴びている紫外線。肌に直接的な影響をもたらします。

B波:
A波よりかなり強力ですが、A波ほど肌に直接の影響はあまりありません。

C波:
地上に届く事はほとんどありません。

日照時間の少ない冬場、紫外線対策をしていない方も多いと思います。でも、夏場ほど強くはありませんが、それでも一定の紫外線は降り注いでいます。日焼け止めクリームは一年中使用した方が乾燥肌対策としても日焼け止め対策としても良いと思います。

こういった日焼け止めクリームなどを塗らずに外出すると、当然紫外線は肌に直接当たります。乾燥肌などで肌の防御機能が低下している状態であれば、肌にさまざまなダメージをあたえてしまいます。できるだけコマメにケアをするようにして下さいね。ちなみに日焼け止めクリームなどに書かれているSPAはA波を防ぐ数値、SPFはB波を防ぐ数値です。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ