Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

つわりは病気じゃない、でも、普通じゃない!つわりに必要な家族の協力

つわりのピーク妊娠中のつわり、様々な症状になって表出してきます。当事者にしかその辛さは分からないのですが、辛い時には「辛い」と言う必要もあります。中には1人でつわりの辛さを抱え込んでしまい、じっと耐えている妊婦さんもおられるようです。

つわりを一人で抱え込んでしまうとストレスとなり、より、悪化してしまいそうです。こういった事態にならないためにも、家族や周囲の協力は必要不可欠となってきます。

妊婦であっても、家事や育児の仕事は減ってくれません。また、仕事をしている方は、その上に仕事が付け加えられます。では、どうすればいいのでしょうか。 体調が悪いときには、食事の支度や買い物などを夫に代わってもらったり、簡単な食事にしたりする事ができます。

買い物なども、宅配サービスを申し込むと便利です。また、子供がいる場合、土・日だけでも子供の面倒を見てもらう事が出来ます。「ママは今、お腹の赤ちゃんを育てる為に頑張っているんだよ・・」と、優しい言葉かけやいたわりの言葉をかけてもらうだけでも、精神的に支えてもらっている、わかってくれている・・、と気持ちが和らぐ事もあります。

つわりには、精神的な影響が大きいと言われています。このように、家族が協力してくれている・・と感じる事が精神の安定をもたらし、「一人じゃない」と思えるのだと思います。家族の協力が無ければ、「一人で頑張るしかない・・」と、自分を追い込んでしまいます。つわりを乗り越える為には家族の協力、支えが必要不可欠なのではないでしょうか。

つわりの時期、家族がそれにリズムを合わせて生活を送ってくれると随分と負担も減ると思います。快適なマタニティライフを送る為にも、まずは自分の精神的な安定を最優先させてくださいね。赤ちゃんが産まれれば、毎日が戦いのような忙しさです。妊娠中のようにゆっくりとしている時間はほとんどありません。

つわりの間ぐらいは、自分を甘やかし、出産後に備えて体をいたわるようにして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ