Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

運動後に筋肉痛にならない人の共通点とは

体の各部を準備させるための軽い運動同じ運動や筋トレをしても、筋肉痛を起こさない人もいます。もちろん筋肉への負荷や体力にも原因があるのですが、まず考えられるのは、準備運動をしたかどうかです。

筋肉痛を予防したい時は、十分な準備運動をする必要があります。どのような運動でもウオーミングアップをきちんとしてから行えば、ある程度の予防をすることができます。急に体を動かすと、固まった筋肉に負担をかけてしまうので、損傷がひどくなり怪我をするので注意しましょう。

日常生活で活発に体を動かしている方は、運動や筋トレの前に準備運動をすれば、筋肉痛の予防になりますが、普段から体を動かすのが苦手な方は、直前の準備運動をしてもあまり効果がありません。これは、筋肉に与える負荷の度合いが違うからです。

日頃から運動をしていれば、筋肉に与える負荷が大きくても、それほど負担になりませんが、あまり運動をしていない場合は、僅かな負荷を与えただけで、負担になってしまいます。さらに、運動する時間にも関係があります。1時間ほどの運動をこなす場合は、およそ10分間のウオーミングアップが必要になります。

戸外活動で登山をする方も増えていますが、直前に準備運動をしてもあまり効果がないでしょう。登山は、過激な運動になるので、日頃からストレッチをして筋肉に少々の負荷を与えておくことが大切です。

さらに、ウォーキングなどを繰り返しながら、筋肉の使い方を練習するといいでしょう。登り下りの重心の掛け方や荷物の運び方など、あらゆる部分の機能性を高めることが、筋肉痛を予防することにつながります。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ