Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

なかなかお金が貯まらない?無駄遣いを減らす貯蓄のコツ

資産運用にリスクはつきもの少子高齢化、年金、長引く不況、物価の上昇、円高…将来のことを考えると、貯蓄はとても大切だと、誰もが思っていることでしょう。

けれども、給料はどんどん減っていき、物価はどんどん上昇する、雇用も不安定で、日々の生活に精一杯で、とても貯蓄なんてできない、というのが実情ではないでしょうか。

それでも、老後や、何か問題が起きた時に頼りになるのはやはり貯蓄です。貯蓄は、余裕があるからするのではありません。意識しないとお金があればあるだけ消費してしまいます。収入が少ないからできない、ではなく、貯蓄をするという強い意志をもって今すぐ貯蓄を始めましょう。

貯蓄はダイエットとよく似ています。コツコツと長く続けることが大切です。成功する人もうまくいかない人もいます。成功させるためには、自分に合った長く続けられる方法を見つけることと、明確な貯蓄目標を持つことが大切です。まずは、貯蓄目標を持ちましょう。このような場合、自分と家族の年表を作るとよいと言われます。

何年後に子供が入学する、何年後に車の買い替えが必要になる、車検がある、と、まとまったお金が必要なイベントを書き出し、それらに必要なお金と、生活に必要なお金、見込みの収入を書き出していくと、人生に必要なお金が見えてきます。

生活に必要なお金を割り出すためには、家計簿をつけることが大切です。これも根気のいる作業ですが、自分に合った方法を見つけて続けましょう。続けることが大切です。貯蓄の方法はいろいろあります。貯蓄は長期にわたって継続的に行うことが必要です。長期に継続させるためには、自分の性格やライフスタイルにあった方法で行うことが一番です。

自分にあった貯蓄方法を見つけるために、家計簿が役に立ちます。家計簿をつけていない人は、まずつけることをお勧めします。しばらく続けると、自分がどのようなときに何に出費しているのか傾向がつかめてきます。

消費することが全くの悪とは言えませんが、必要のないことに気が付かずに無駄にお金を使っていることも多いものです。家計簿をつけることで、反省点も見つけられます。 貯蓄がうまくいかない人の多くは、「余った分を貯金に回そう」と考えているようです。

この考えではお金は貯まりません。お金はあればあるだけ使ってしまうものです。はじめから収入のうちいくらかを貯蓄として差し引いて、残りで生活すると、うまくいくことが多いようです。その方法もいろいろあります。差し引いた分を普通口座に入れておくと、ついつい使ってしまうので、定期貯金にしてしまうことがお勧めです。

各銀行で、給与の一部を自動的に定期に回してくれるものもありますので、そのようなサービスを利用するとよいでしょう。また、会社によっては、給与の一部を貯蓄に回してくれる社内預金を行っているところもあります。一般的な銀行よりも利率がよいことが多いので、社内預金の制度のある会社に勤めている方は、是非利用してください。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ