Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

風邪や血圧対策に~寒い冬のトレーニングの注意点とは?

冬の快適なランニング夏の暑い中、マラソンのトレーニングをするのも大変ですが、冬はまた冬で寒さという問題があります。

この寒さ、マラソンをする時には気をつけなければなりません。気温が低いと風邪を引きやすくなってしまいます。また、暖かい部屋から寒い外に出ると冷たい外気に触れますから血圧なども気になります。体調を崩さずにトレーニングする為にも、しっかりした防寒対策が必要ですね。

まずウェアを調整して体温をキープをこころがけてください。でも、いくら防寒対策だから・・と厚着をしたり、綿やウールが使われたものを着こんでしまうと、汗をかいても蒸発されず、かえって体を冷やしてしまいます。

保湿性が高く、速乾性のあるアンダーウェアを選び調整するようにしてください。アンダーウエアがしっかりと揃っていれば、ランニングシャツにはそれ程拘らなくても良いと思います。

夏用のランニングウエアを重ね着し、その上にウィンドジャケットなどを着れば防寒にもなりますし、汗をかいてきたら中のウエアを脱いで体温調節をすることも出来ます。また、風の強い冬場は首元から風が吹き込むこともあります。

汗をかき始めた時に冷たい風が吹き込んでくると体を冷やしてしまいますから、ネックウォーマーや汗ふき兼用のタオルなどを首に巻き付け、しっかりと防寒してください。また、耳やおでこも冷えてしまうと走ることに集中出来なくなってしまいます。耳が隠れる帽子をかぶって下さいね。

次に手と足元です。足元は暖かい厚手のタイツやジャージを重ねると冷えずに快適です。でも走っているとすぐに体温が上がってきますので厚着をしすぎると大変ですよ。また、手は外気にさらされると「手が切れるような痛み」を感じるようになります。冬場にマラソンをしても、あまり手は温まってくれないんですね。ですから、忘れずに手袋などをはめるようにして下さいね。

そして、マラソン前にしっかりウォーミングアップで体と筋肉を温めてから走るようにして下さい。寒暖の差で心臓に負担が掛かってしまうこともありますよ。 マラソン後はすぐにクールダウンです。

これは急に体の動きを止めるのではなく、徐々に体の動きを緩めて行く事なんです。軽いジョギングからウォーキング、そして仕上げにストレッチをして体をケアします。

出来れば、シャワーを浴び、体の汗をキレイに流しておく方が風邪をひきにくいです。そしてタップリの水分補給をして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ