Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

日本とはまた違った気分も楽しめる!世界のマラソン大会の特徴とは?

世界最大のマラソン大会日本のマラソン大会も御当地色が色濃く、それぞれ特徴があって楽しいのですが、世界のマラソン大会はまた違った気分が味わえるようです。

マラソンを続ける目標として、世界のマラソン大会を目指してみるのも良いと思いますよ。では、世界的に有名なマラソンの概要をご紹介しますね。

(1)ロンドンマラソン
マラソンの走行距離が決まった土地でもあるロンドンで行われる名実ともに世界一のマラソン大会です。参加者は4万人以上とされ、まさしく世界最大級の大会なんですね。

「何だか敷居が高そう・・」と思われるかもしれませんが、トップアスリート達が多く参加する一方、障害者や高齢者、チャリティでの参加者も沢山おられ、競技会というよりは、スポーツイベントとしての側面も強いのが特徴です。

(2)ニューヨークシティマラソン
都市型市民マラソン大会の元祖と言われています。ニューヨークの街中を走り抜け、セントラルパークでゴールとなります。都会の中をユニークな衣装を着たランナーたちと走り抜ける面白さはヤミツキになるそうですよ。

(3)ボストンマラソン
非常に長い歴史を持つマラソン大会で、心臓破りの坂があることでも有名です。マラソンをするのであれば一度は参加したいと思うレースではないでしょうか。

(4)ホノルルマラソン
日本人に最もポピュラーですね。マラソン大会=ホノルルマラソンと思っておられる方もおられるぐらいなのではないでしょうか。

気候の良いハワイ(まあ日本人の憧れの地として今だに根強い人気のあるハワイですよね~)で開催され、ワイキキやダイヤモンドヘッドなどを巡るコースとなっていますから、観光を兼ねて走ってみるのも楽しいかもしれませんね。海外でのマラソン大会の登竜門的存在です。

(5)ヨーロッパ
重厚な歴史を持つヨーロッパでも歴史に触れながら走れるベルリンマラソン、北欧の美しい景観が楽しめるストックホルムマラソなど日本での知名度はそれほどではありませんが、世界的に有名なマラソンが沢山あります。

こういった世界マラソンでは制限時間や、キャリアなどの加資格の厳しい大会もあります。でも、誰でも参加出来るような大会も沢山ありますので、一度世界にチャレンジしてみてはどうでしょうか?素晴らしい経験ができると思いますよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ